ジェームズ・ボルディン


これらの各テクニックを毎日実行する必要はないかもしれませんが、必要なときにすぐに使えるように、それらを良好な状態に保つことが不可欠です。 私は、各分野でわずかXNUMX分程度の献身的な練習でさえ、習熟度を維持するのに役立つことを発見しました。 通常の日課に次のスキルを開発するためのパターンがまだ含まれていない場合は、すでに存在する多くの優れたリソースから選択するか、独自のリソースを作成できます。

リップトリル: あなたがすでにしっかりしたトリルを持っているか、それでもあなたのテクニックを完成させているかどうかにかかわらず、毎日の練習は私たちのプレーのこの重要な部分を改善し維持するために重要です。 毎日同じトリルエクササイズをするのに飽きたら、それらを変更するか、ローテーションを作成して、さまざまな素材をカバーするようにします。 これは、優れたトリル演習を含む出版物の短いリストです。

William R. Brophy、ホーンの特別な問題を解決するための技術研究、Carl Fischer、1977年。

Bruce Hembd、「Exercise:My Lip Trills Stink」、Horn Matters、2009年に発行。

ダグラスヒル、 ビブラートからトリル、トレモロまで...ホーンプレーヤーの場合、 Really Good Music、LLC、2003年。

ダグラスヒル、 ホーンプレーヤーのウォームアップとメンテナンスセッション、 Really Good Music、LLC、2001年。

サム・ピラフィアンとパトリック・シェリダン、 金管楽器ジム:金管楽器奏者のための包括的な毎日のトレーニング ジョン・エリクソン、Focus on Music、2007年にホーンのために編集されました。

ウェンデルライダー、 実世界のホーン演奏、 Wendell Rider Publications、2006年。

複数のタンギング: 唇のトリルと同様に、毎日XNUMX回とXNUMX回のタンギングを練習しない限り、流暢さと明瞭さが時間の経過とともに失われることがわかりました。 マルチタンギングの信頼性を可能な限り高めて、高速アーティキュレーションを演奏するときに、必要に応じてXNUMX倍またはXNUMX倍にシームレスに切り替えることができるようにします。 ここにいくつかのリソースがあります。

JBアーバン、 トランペットのための完全な音楽院の方法 エドウィン・フランコ・ゴールドマンとウォルター・M・スミスが編集、クラウド・ゴードン、カール・フィッシャー、1982年に注釈が付けられました。

ウィリアム・R・ブロフィ、 ホーンの特別な問題を解決するための技術的研究、Carl Fischer、1977。

ダグラスヒル、 ホーンプレーヤーのウォームアップとメンテナンスセッション、Really Good Music、LLC、2001。

アイファー・ジェームズ、 ウォーミングアップ、エディションMarc Reift、1999。

サム・ピラフィアンとパトリック・シェリダン、 金管楽器ジム:金管楽器奏者のための包括的な毎日のトレーニング、ジョン・エリクソンによってホーンのために編集された、Focus on Music、2007年。

ウェンデルライダー、 実世界のホーン演奏、Wendell Rider Publications、2006年。

ミラノヤンチッチ、 フレンチホルン演奏の実用ガイド、Wind Music、Inc.、1970年。

停止したホーン: ストップホーンが毎日練習しないと一貫性が保たれない主な理由のXNUMXつは、アンブシュアでの抵抗とその結果生じる感覚が大幅に異なるためだと思います。 実質的に、長い音階、音階、またはアーティキュレーションのエクササイズは、ホルンの練習を停止するように変更できます。重要なことは、毎日時間を入れることです。 Fフラットホーン運指とBフラットホーン運指の両方を練習しますが、自動になるように、楽器に最適なオプションをより頻繁に練習します。

もちろん、ロングトーン、ハイ/ローレンジ、柔軟性、スケールなど、他のことも毎日練習する必要がありますが、トリル、複数のタンギング、ホルンの停止を毎日練習すると、多くのプレーヤーとは一線を画すことができます。

ジェームズ・ボルディンは、ルイジアナ大学モンロー校の音楽助教授であり、現在、リベラルアーツのウィリアムR.ハモンド博士の教授職を務めています。 ウルムでは、応用ホーンと音楽史のコースを教え、ブラックバイユーブラスと共演しています。

このウェブサイトは、ログインステータスを含むユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。 このサイトを使用することにより、Cookieの使用に同意したことになります。
Ok