ようこそゲストさん

ファーガス・マクウィリアム、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、作者 「自分のホーンを吹く」

ファーガス1978年の夏の数週間の集中的な期間、私は偉大なデンマークのホルン奏者であり教師のウィルヘルム・ランツキー・オットーと一緒に勉強することができました。 私はストックホルムの彼の個人の家に毎日彼を訪ねました。そのたびに、私がこれまでに行った中で最も激しい仕事を最大6時間行いました。 彼は当時70歳でホーンを弾かなくなったので、彼の有名な音は聞いたことがありませんでしたが、彼のピアニスティックなスキルと音楽の知識には限りがないようでした。 彼はずっとピアノの前に座って、ホルンのソロレペトワール全体のように見えるものを通して私に同行しました。 

ウィルヘルムは私のホーンの演奏について技術的な言葉でコメントすることは決してなく、代わりに彼は私が試みていた音楽に集中しました。 これらは実際、ホーンレッスンよりも多くのコーチングセッションであるように見えました。 彼はとても良いピアニストであり、敏感な伴奏者だったので、彼は私があらゆる種類の思いがけないテンポにふけることができ、そしてそうすることを許してくれました。 私が無意識のうちにスピードを上げたり下げたりし始めた場合、彼は私が壁にぶつかるまで私を甘やかすでしょう。 それから彼はただ私をクズリと見て、要点が述べられました。 彼が私に何かを解釈する方法を教えてくれたことを思い出せません。むしろ彼は私に自分の声を見つけてほしいと思っていたようです。 そしてその過程で、私はすぐにすべての音楽の変化が適切な技術的調整を伴うことを発見しました。 私自身の教えの基礎を確認したのは、この公式の発見でした。音楽を演奏することは技術的な向上につながるということです。