国際ホルン協会は、グローバルなホルンコミュニティです。 私たちは多様性と運動耐容能を祝い、サポート、リソース、インスピレーションを提供するためにここにいます。 IHSの個々のメンバーによって表明された見解は、必ずしも社会全体の私たちの価値観や目的を反映しているわけではありません。

私は永遠に遊ぶことはありませんが...

  • David Johnson
  • トピック投稿者
09月2009 15:13 #281 by David Johnson
私は永遠に遊ぶことはありませんが... によって作成されました David Johnson
質問:

ジョンソンさん、

私はこれがすべてのホーンプレーヤーにとっての質問であることを知っています。 私たちは永遠にプレーすることはなく、年齢とともに物事はますます難しくなります。 少なくとも以前と同じ品質を維持するためのあなたのアドバイスは何ですか?

ではごきげんよう

リカルド・マトシニョス

デビッドジョンソンの答え:

こんにちはリカルド!

個人的に知っているホーンプレイヤーからの質問は期待していませんでした。 私はあなたの質問にできる限り答えようとします。

私は53歳で、確かに20〜30年前ほど技術的には上手くプレーしていません。 私は毎日少し練習して、生徒に役立つと同時に音楽的にも受け入れられる演奏の基準を維持しようとしています。 私は今でもオーケストラでギグをし、室内楽を演奏しています。このタイプの演奏にはプロのレベルが必要です。特に今、私は再びフリーランサーになっています。

私のようなアンブシュアは、かつて最も大規模なオーケストラ作品を演奏してきましたが、実際のハードプラクティスよりも多くのメンテナンスが必要だと思います。 メンテナンスとは、個々のニーズに応じて、実際の練習の前に20〜40分のウォーミングアップを行い、その後、練習曲、オーケストラのパッセージ、ソロのレパートリー作品、室内楽を含む30日60〜XNUMX分のウォーミングアップを意味します。 XNUMX日あたりこれよりも多くの練習をすることで、ほとんどのホルン奏者は実際に向上しますが、率直に言って、フルタイムの教師として、私はこの贅沢を自分で買う余裕はほとんどありません。 しかし、私はいくつかのレッスンで遊んでいるので、これもXNUMX日でもう少し遊んでいます。

ホーンの遅いレガートパッセージは、技術的なアクロバットよりも古いアンブシュアに役立つと思います。 ホーンを使って日常的に行うことのほとんどは、それほど技術的なものではありません。例外的なニーズよりも先に、最初に日常のニーズに応えるのが理にかなっているようです。 これが何らかの形でお役に立てば幸いです。

デビッドW.ジョンソン

お申込金として ログイン 会話に参加します。

ページを作成する時間:0.406秒
このウェブサイトは、ログインステータスを含むユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。 このサイトを使用することにより、Cookieの使用に同意したことになります。
Ok