ようこそゲストさん

クリスロゼの 変化する光 が追加されました IHSオンライン音楽販売. 変化する光 ロサンジェルス室内管弦楽団のホルン奏者であり、USCソーントン音楽学校の同僚であるクリスティ・モレルの依頼で書かれました。 2013年の夏と秋に作曲され、2014月にクリスティとコルバーン音楽学校の教員によって初演されました。 その後、XNUMX年の冬に作品が改訂されました。タイトルとXNUMXつの楽章の名前(ピッチとしての黒、最も暗い海岸、太陽のプルーム)は、ジェイムズメリルの詩集「サンドオーバーの変化する光」から取られています。

動きは一時停止することなく再生され、作品の物語を通して、色と性格が暗くて暗いものから明るくて楽しいものへと徐々に変化します。 同様に、楽器の最低音から始まり、最上音で終わります。 テーマと動機はムーブメント間で共有されており、標準的な計画に従わない正式なデザインは、照明と実現の遅いプロセスの印象を残すことを願っています。

ホーン部分にはいくつかのオシア通路があり、レジスターおよび/または呼吸制御の点で簡単になります。 ホルンまたはフルートのどちらでも演奏できる45秒の独り言もあります。 したがって、ホーンパートは、プレーヤーがピースを通過するパスに応じて、難易度が大幅に異なる可能性があります。 私の意図は、すべてのオッシアのパッセージを取り、独り言をフルートで演奏すれば、ホーンパートは才能のある大学の学部生が演奏できるようにすることです。 一方、最も挑戦的な道は、より高度なプレーヤーを必要とします。