国際ホルン協会は、グローバルなホルンコミュニティです。 私たちは多様性と運動耐容能を祝い、サポート、リソース、インスピレーションを提供するためにここにいます。 IHSの個々のメンバーによって表明された見解は、必ずしも社会全体の私たちの価値観や目的を反映しているわけではありません。

× ask-the-pros@hornsociety.orgに質問を送信します

持久力の構築

その他
16 2009 00 7月:59 #298 by ケンダルベッツ
持久力の構築 によって作成されました ケンダルベッツ
質問:

ホーンを10年間演奏した後、シューマンのアダージョ&アレグロに取り組むことにしました。 シニアパフォーマンス専攻として、私は定期的な練習とたくさんのリハーサルから、かなり良いチョップの形をしていると思います。 しかし、私はこの作品のXNUMXページ目で苦労しています。 私はこの作品で恐ろしい耐久性の問題を抱えており、いくつかの新しい洞察を探しています。

では、どのようにしてアダージョとアレグロを生き残るのですか?

敬具
ジェス・サンティアゴ

ケンダルベッツの答え:

かなり良いチョップの形は、これや他の多くの作品には十分ではありません。 リハーサルは一般的にあなたを破壊するのであって、あなたを成長させるのではありません。 必要なのは、主要なレパートリーに「取り組み」、オーケストラ/バンドのリハーサルやパフォーマンスを生き残るために必要なものを超えて持久力を構築するための、厳格な運動レジメンです。

持久力(および一般的に良いプレー)の要件は次のとおりです。
  1. 柔軟で強力な腹部の筋肉が最適な状態で機能する結果として、高速で制御された気流。
  2. 特に高音域での完璧なアンブシュアの仕組み。
  3. 長期間にわたる毎日の身体的限界に達するまでの、しかしそれを超えない、賢明な練習の時間。
これを念頭に置いて、あなたが何をしてきたかを分析してください。 練習/リハーサル/演奏時間のログを記録し、練習/演奏した内容とその期間を記録します。 休憩も記録します。 典型的なリハーサルでの演奏の量に驚かれるかもしれません。 2時間から3時間のサービスでの合計演奏時間が5分から10分になったとき、私は多くのオーケストラのリハーサルを経験しました。 そして、それは冷たい唇で大声で遊んでいました。 私が言ったように、リハーサルはあなたを成長させるのではなく、あなたを破壊する傾向があります。 あなたが望むのは明確な絵です:毎日何をどれだけ長くプレイするか。 正直に! XNUMX〜XNUMX週間ログに記録したら、それを分析します。 どこで練習時間を追加できますか?

2日3〜XNUMX時間練習する真面目な学生のための典型的な毎日のレジメンは、次のようになります。
  • 20〜45分FarkasなどのFホーンウォームアップ
  • 30〜60分の練習曲、コプラッシュ、クリング、ガレー、グーゲル、ベロリなどのFホルンの一部またはすべて Reynolds 技術的には「現在の場所」によって異なります。
  • 音階、アルペジオ、壊れたアルペジオ、弦のアルペジオ(耳のトレーニング用)、クラーク、アーバン、シンガー、その他の技術資料など、20〜45分のテクニカルルーチン。
  • 20〜45分の長さのトーン:pp pp; ff> pp
  • 30〜60分のレパートリー:ソロ、抜粋、オーケストラパートなど。
2日5時間以上練習しても、リハーサルを乗り切ることができれば、まともな体調になります。 上記のグループのXNUMXつにXNUMX分ずつ、またはXNUMX日おきに、数週間にわたって短い時間セグメントを追加して、XNUMX時間の練習をしてください。ただし、やりすぎないでください。 また、レパートリーのリハーサルやパフォーマンスのスケジュールが重い場合は、常識に基づいて調整する必要があります。 常に自分のペースで進み、ダメージを与える前の日のためにそれを片付けてください!
アマチュアと若いプレーヤーは、スターターのために上記の最小値を半分以上に減らすことによって、XNUMX時間の目標から始めます。

私はカーティスの学生のときに上記の基準を使用しました。 プロとして、私は常に調整を行っていましたが、毎日10時間の最小Fホルン練習セグメントを常に試しました。 さて、プレーから半ば引退しましたが、「体調を維持する」には20日約30時間、「体調を崩さない」には5日約10時間必要です。 今は長期間解雇しているのですが、元に戻すにはXNUMX週間かかります。XNUMX日目はXNUMX分、XNUMX日目はXNUMX分、XNUMX日目はXNUMX分など、毎日ルーチンとエチュードを追加して元に戻します。 XNUMX時間の「形の」唇。 私はまた、体調を整える/維持するために、ほとんど専らFホルンで練習しています。 「最小限の」唇になったら、コプラッシュから始めて、疲れるまで、何をしたか、どのくらいの時間かをメモしながら、コプラッシュを試してみます。 翌日、さらにXNUMX〜XNUMX分追加してみます。 コプラッシュを終えたら、クリングに行き、次にベローリ、ガレーなどに行きます。約XNUMX週間で、XNUMX時間まっすぐに練習し、何にでも合う唇を用意します。

皆様のご活躍をお祈り申し上げます。

ケンダルベッツ
次のユーザーがありがとうと言いました: オリビア・マルティネス

お申込金として ログイン 会話に参加します。

ページを作成する時間:0.253秒
このウェブサイトは、ログインステータスを含むユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。 このサイトを使用することにより、Cookieの使用に同意したことになります。
Ok